« 7月14日 | トップページ | 飛んだ〜〜 - 黒羊さんと白蛇さんの変な日記 »

2018年7月14日 (土)

不動産担保、抵当権と根抵当権の?根”って何?

銀行融資における不動産担保は、「抵当権」と「根抵当権」に分類されます。 「抵当権」というのは特定の融資だけ担保する性質のものです。代表的なものは住宅ローンで、主なる債務が消滅すれば抵当権の効力も無くなります。 しかし、不動産登記簿には登記が残ったままになりますので、住宅ローンを完済したら、抵当権の設定登記も抹消しましょう。 これに対して「根抵当権」というのは担保の対象とする融資を特定しない性質を持っており、法人や個人事業主が借りる事業資金融資に多く利用され、銀行取引全般を担保するということになります。 たとえば、複数の銀行融資を受けている場合、根抵当権でその複数の融資全てを担保することになります。

運転資金等を頻繁に受ける場合、申込みごとに抵当権の設定をすることは事務的にも煩わしいものがあります。根抵当権であればその都度、担保を設定する手間が省くことができます。 根抵当権を設定する場合は「極度額」というものを定めます。極度額が1千万円であれば、その範囲内で銀行融資を担保しています。都度、抹消をすることはありません。


??

« 7月14日 | トップページ | 飛んだ〜〜 - 黒羊さんと白蛇さんの変な日記 »